葉酸サプリは妊娠前から産後まで飲み続けられる

ママと赤ちゃんにとって大切な栄養素

妊婦さんに必要な葉酸ってどんな成分なの?

妊娠期間中に必要とされている栄養素といえば葉酸でしょう。妊娠して病院を受診すると葉酸を摂取するようにお医者さんからいわれることがあります。この葉酸という成分はビタミンB郡の一種です。ビタミンには水に溶けやすいものとそうでないものがあり、この葉酸は水に溶けやすい水溶性のビタミンなのです。

赤ちゃんがお腹の中で育つために必要な栄養

どうして葉酸は妊婦さんに必要だといわれているのでしょうか?それは葉酸の働きと関係があります。葉酸は代謝と関わりのある成分で、細胞が作られるときや再生するときに必要となる栄養素なのです。赤ちゃんが育つためにはたくさんの新しい細胞が必要で、そのためにも葉酸の摂取が重要視されています。

妊娠初期は葉酸の摂取がとくに重要な時期

赤ちゃんは妊娠初期と呼ばれる時期に手足や体、脳などが形作られます。その時期に必要となる葉酸は一日400マイクログラムで、妊娠していないときと比べると2倍にもなるのです。水溶性ビタミンは食事から摂取するのが難しいので、食事だけでなく葉酸サプリを活用して取り入れるといいでしょう。

葉酸についてもっと詳しく知ろう!

葉酸はいつから意識的に取り入れたらいいですか?

葉酸は妊娠前や妊活中から摂取しておくといいでしょう。妊娠するためには受精卵が子宮内膜に着床する必要があります。その力が弱いと妊娠することが出来ません。葉酸には子宮内膜を強くして着床しやすくする働きもあるので、妊活中にも重要な成分だといえるでしょう。

妊娠初期を超えたら葉酸は必要じゃないの?

妊娠中期から後期も葉酸は必要です。妊娠している間は赤ちゃんがお腹の中で育つためにたくさんの栄養が必要です。そしてその栄養を届けるのに血液が必要となります。たくさん血液が使われてママが貧血になってしまうこともあるのです。葉酸には赤血球を作る働きがあり貧血予防に効果的です。

妊娠中期から後期にはどれくらいの葉酸が必要ですか?

妊娠初期に必要なのは400マイクログラムでしたが、中期から後期になると一日240マイクログラムほどの摂取が好ましいとされています。食べ物から摂取量を考えて調節するのは難しいので、配合されている量がわかりやすい葉酸サプリを用いるといいでしょう。

葉酸はたくさん摂取しても問題ない栄養素なの?

一日の摂取目安は400マイクログラムですが、それ以上を摂取し続けると副作用が起きてしまうことも考えられます。一般的に1000マイクログラムが過剰摂取量として設定されており、その量を摂取し続けると赤ちゃんが喘息になるリスクが高くなるといわれています。

過剰摂取を避けるために、食事と葉酸サプリの併用はしないほうがいい?

葉酸サプリと食事を併用して1000マイクログラム超えるのではないかと心配する人は多いです。しかし、水や熱に弱い葉酸は調理するときにほとんどが失われてしまうため、食事ではほとんど体内に残りません。葉酸サプリを正しく飲んでいれば大きな心配をしなくても良いでしょう。

葉酸をたくさん含んでいる食材はコレ!

ホウレンソウ

ホウレンソウは一人分(約60グラム)で126マイクログラム程の葉酸が含まれています。100グラムあたり約210マイクログラムの葉酸が入っていることになります。ただ、ホウレンソウは食べ過ぎると尿路結石の確率が高まってしまうので、他の食事と合わせながら取り入れましょう。

ブロッコリー

ブロッコリーは茹でても葉酸が高く含まれる食材です。100グラムあたり約120マイクログラムの葉酸が入っています。また、ブロッコリーには葉酸の吸収を手助けしてくれるビタミンCも豊富に含まれているのです。

モロヘイヤ

モロヘイヤも葉酸を摂取するときによくおすすめされる食べ物です。モロヘイヤ100グラムに約250マイクログラムの葉酸が含まれています。スープに使える野菜で、水に溶けた葉酸も一緒に摂取することができるでしょう。

枝豆

枝豆の利点は茹でても大きな栄養の消失が無いことです。さやの中に豆があるため湯通ししても葉酸が失われにくくなっているのです。100グラムで260マイクログラムもの葉酸が含まれています。冷たくすすることもでき、つわりのときにも食べやすいのがポイントです。

焼きノリ

焼きノリは100グラムで1900マイクログラムもの葉酸が含まれています。一食分を3グラム程度だとすると、約60マイクログラムの葉酸を摂取することになるでしょう。手軽に取り入れられる食材として便利です。